「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2004年 07月 31日
7月最後の日に・・・
今日は、以前から企画していた噂のカップル主催バーベキューに、人が集まらず結局メグバ、玉露、マイメン・マジコジマで茅ヶ崎で遊ぶことになった。
まずはチャリンコに乗って、台風の影響で大荒れの東海岸へ。遊泳禁止区内でプロップスを上げようとした男子2人が波にたわむれ、傷だらけになって遊んだ後、戦いはボーリング場へ。結果、海では完全に2人にもっていかれたアチキが優勝!!軽くつぶしてやったよ。その後、メグバ行き着けのオシャレなオープンカフェでお茶をして、花火の音がする方へチャリンコを走らせる3人。そう今日は平塚の花火大会。海岸で見る花火は最高。やっぱ夏は花火だね~。
てカンジでと~っても夏を満喫した1日で、楽しかった。まっ、詳しくはぎょっクンの日記で・・・
[PR]

by icebahn | 2004-07-31 00:00 | ゲスト
2004年 07月 29日
ドリームマッチ2
つまり、殺傷能力がある動物、つまり、肉食獣とやはりなってしまうかね~と思っていた俺らに待ったをかけたのがマウンテンゴリラとキングコブラ(毒蛇)。マウンテンゴリラの雄のリーダー格ともなるとこれは相当な馬力が予想される。(シルバーバックを知っている奴へピース)しかし、KG審議の結果人間に近い分「痛点(痛みを感じる能力)」が発達しているため厳しいのではないかという結論へ。そしてコブラ。マムシにかまれた事がある筆者(マジ。)は奴らの素早さを身をもって知っている。さらにその毒素が強いとなるとひょっとして!!と思ったがやはりマングースなどの小型種に負けるようでは最強は名乗れない。以上を踏まえた上で我々が出した結論はズバリ熊!!その中で最大の白熊!!地上最大の肉食獣らしい!!当初、ホームの北極以外ではどうなの?という声も聞かれたが近所のズーラシアでの元気な姿が決め手となった。
KGランキング「昆虫編(蜘蛛を含む)」「水中編」「鳥編」をお楽しみに。
[PR]

by icebahn | 2004-07-29 00:00 | 玉露
2004年 07月 28日
ドリームマッチ
俺、玉露とKITはICE BAHNの中でも一番付き合いが古く10年以上になるが気付くといつもこの話題の討論になっている。そう、最強動物は何だ!?である
。ここ数年の我々の見解を記すこことしよう。まず、条件は陸上で常温(20℃前後)。タイマン。「もし戦ったらと想定する。」を大前提とする。まず、この話題で大半の素人さんが始めに口にするであろう動物はそう、ライオン。たしかに、KG(KIT 玉露)ランキングでも上位には入る。猫科の素早い動きは確かに大きな武器だがトップの座はありえない。(ちなみに筆者はハイエナの餌食となっている衝撃映像を見たことがある。)ここでツウな貴方は待て待てまだだ、猫科最大はライオンではなくシベリア虎だろうと異議を申し立てるだろう。しかし、長年のKG審議の結果ライオンと虎は同等。結果はそのつど変わるだろう。オクデラとカマモトを比べるような物だ。で、次に出てくるのが象。これは結構もめた。しかし、「負けないけど勝てない」という結論に至り惜しくもKGランクトップを逃している。
[PR]

by icebahn | 2004-07-28 00:00 | 玉露
2004年 07月 27日
お久しブリックス
フォークです。
今日は夕方から渋谷FMにてラジオ収録。
ゲストは54やトリカブトのジャケをデザインしているgaimgraphicsの村上ヒロシ氏と、たまたまCDを届けに来たトリカブトのスモーレスト氏。
初対面だったけど、やはりHIPHOPという共通点があれば問題ないって感じで無事終了。
詳細は8月14日?の放送を聞いてみて。俺はほとんど喋ってないけどね。
その後はハンマーヘッドスタジオにて新曲のREC&ミーティング。それにしてもこの時期のRECは暑い。汗だくです。
それから最近ブリックスというグループが誕生しました。主に都内で活動しているみたいなので名前を聞いたら宜しく!
[PR]

by icebahn | 2004-07-27 00:00 | FORK
2004年 07月 22日
ドリンク
“これ無いと寝ない”と言う事で、MC3人のフェイバリットドリンクはお馴染みかと思いますが、メグは大のコーヒー好き。そして僕は大のサントリーの烏龍茶好きです。
そんな烏龍茶好きな僕が最近少しはまっていたのが、ペプシブルーと言う飲み物、知っていますか?海外では前から売っていたみたいで、気になっていたものでした。6月ころに発売して、味はペプシのままで、色が真っ青。まるでブルーレットおくだけ。なんで飲んでいたかと言うと、青が好きだからと言う大したことのない理由からです。で、飲み始めて気づいたのが、生産限定品だったということ。もうあんまり売ってないみたい。
昔、タブクリアと言う透明なコーラ味の飲み物がコカコーラから出て、出た当初はちょっと話題になったりして。満を持しての発売日に地元の後輩が酒屋のタブクリアを買い占めて、僕等に買わせないで自慢気に見せてきたものの、2~3日後にはまた入荷してきて、しかも飲んだらべつに美味しくなかったという思い出がよみがえったりしました。

ボルゾイ
[PR]

by icebahn | 2004-07-22 00:00
2004年 07月 19日
いざ勝負3
中学生時代に編み出したオリジナルサーブで先手。しかし、祥も黙ってない。俗に言う「回転系プレーヤー」。俺のミスを根気良く待つ作戦。確かに球があさっての方向にいったりラケットが空を切ったりもした・・・。しかしながら「振り抜く系プレーヤー」の俺様の前では卓球ではなくただのピンポン。ただ付け加えておこう。祥は弱くない。いやむしろかなり強い。ただ相手が悪すぎた。「俺は卓球強いよ!!」と言う奴をことごとくなぎ倒してきた俺だもの。その後祥はマジで本当に凹み話し掛けられなかった・・・。
ちなみにモッチとは一勝一敗。
今後俺の戦歴に名を残すであろう程の腕前だった。OSCにピース。
いつでもリベンジ受けるぜ!!  
[PR]

by icebahn | 2004-07-19 00:00 | 玉露
2004年 07月 18日
いざ勝負2
1回戦。OSCシガ氏 VS IBフォーク。
練習一切無しのいきなり真剣勝負。会場が静まりかえる。フォークの返しが浮いてしまいシガ氏への絶好のチャンスボール。視力2.0以上の俺が見誤るわけも無いのだが目を疑った。空振り・・・。ひょっとして・・・。俺の予感が確信へと変わるのにそう時間はかからなかった。同じ光景が我が眼前で繰り返される事数回・・・。勿論フォークの勝利。
2回戦。OSCモッチ VS IBボルゾイ。夢のDJ対決。
お互い小手先芸には覚えがあるだけあってかなりのハイレベル。モッチは学生時代の休み時間を卓球に注いでいたと語るだけあって一枚上手。ジュースまで持ち込むがモッチの勝利。よって一勝一敗の同点。やはり勝負はこの男達の直接対決にゆだねられた。
3回戦。OSC祥 VS IB玉露。正真正銘体育会系対決。OSCとIBの看板は勿論のことことだが俺らの間ではむしろ順天堂VS日体大の要素が大きかったようにふりかえると分かる。っ続く。
[PR]

by icebahn | 2004-07-18 00:00 | 玉露
2004年 07月 17日
いざ勝負
玉に露がお送りします。
この日はマブダチのOSCが茨城からハンマーヘッドへ白黒ハッキリさせるためにわざわざやって来た。
何のって?よく聞いてくれた。卓球。前回のハンマーヘッドRECの時から火蓋は切って落とされていた。せっかく来たからついでに新曲のRECと渋谷FMの番組にも出てもらったがそんなことはどうでもいい。
まずはOSCの祥がバックからマイラケットをちらつかせ俺らの動揺を誘おうというなんともお粗末な作戦。ケースの裏には数々のタイトルを取ったという過去の栄光に頼る始末・・・。しかも「持つ所ノーマル仕様」ではへそで玉露が沸く。いざ渋谷への会場へ。会場は既に熱気で溢れていた。ルールは簡単。3対3の団体戦。2勝した方の勝利。当然ながら組み合わせがかなり重要となってくる。横目を合わせながらお互いを探り合う。敗者は「散々叩いた大口の化けの皮がはがれる」と同時に「試合会場代持ち」という内面と外見へのWヘッダー。っ続く。
[PR]

by icebahn | 2004-07-17 00:00 | 玉露
2004年 07月 16日
やっと!
引越をしたため、1週間ネットが使用できなかった。ちなみに引越先は潮の香りがする快適な所。とでも言っておこうかな。
で、今日やっと電話工事のおじさんが来てくれて開通できた。もはや、もうネットがないと生きていけない生活になっていた。ネットがなきゃチャットもできないし、調べもんもできないし、カナダにいるマイメンともメールができないし、そしてHPの更新もできない。ん~まさに現代人になってる~!世の中、便利になりすぎて、この先どうなっちゃうんだろう?
ちょっと不安・・ま、とりあえず、やっとネットが復活したので、めでたし。メグバ
[PR]

by icebahn | 2004-07-16 00:00 | ゲスト
2004年 07月 15日
夏夏夏夏常~夏
ご無沙汰のお久。玉露と申す。
更新されていないHPはつまらない。自分がこのHPをやるようになって思ったの。このHPの更新事項の主はこの日記のようなここの事だと勝手に思っている。ってことは、ここ1週間位このHPはつまんないということになりました。それはいけねー事だからなおす。ウシッ。
とはいいつつもただボ~っと過ごしていたわけでは勿の論ない。ま~それは今後ここを見てくれている人には分かるように形にしていく。
最近、信じられないぐらい暑いが体調管理はしっかりすることと、この異常な熱さは俺たち現代人によってもたらせられたということを、少しでもいいと思うので思って過ごしましょうや。っ暑っち~!!!
[PR]

by icebahn | 2004-07-15 00:00 | 玉露