「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 31日
物思い
どうもこんにちは。皆さんは胸がドキドキしてますかー!?俺は夏に台風が来ると家で雨や風の音を聞いていると胸が高鳴る大バカ野郎です。冬の大雪もそう。朝起きてテレビで近郊の中継みながら、ウソ~、なんていいながら窓をあけるのがいい感じなのである。もういい歳なのに何故だろうその感情消えません。それがいい。そう雪や台風にも負けない、ブッてーヒップホップをつくりたい。ワクワクさせたい。したい。なんて、そんなことを思う俺でした。明日は雪にな~れ。
ピース。
劇団キットでした。
[PR]

by icebahn | 2005-01-31 00:00 | KIT
2005年 01月 30日
まじめな話
合う合わない。人間個性がそれぞれあるから当然の事だ。自然と合わない人間とは付き合いが疎遠になっていく。はて?気の合う仲間とはなんの事だ!?俺的には「どれだけ笑いたがっているか度」の事だ。その体温差が小さいほど気が合うって訳だ。もう一つ。その笑いが生まれる工程内容が一致もちくは近いこと。俗にいう笑いのツボだ。さらにもう一つ。37度でへこたれる奴もいれば40度でも@*@*出来る奴もいる。そう、笑い度の沸点が一致もしくは近い事も重要な要素だ。何はともあれまずは平熱が近い事が重要な事はお分かりいただけただろう。ICE BAHN5人の平熱はおそらくかなり近い。最近になって俺(あっ玉露っす)とメグバは高熱に強い。フォーク、ボルゾイ、キットは低熱に強い。ということが判明してきているとかきていないとか(@ボルゾイ)。要するに笑いの温度幅が我々は広い。これは恐ろしいことだ。笑いにつながる話以外はしてはいけないということなのだから。最後に好きなプロ笑い人を。俺は高田純二。FORKはアンガールズ。ボルゾイは松本一志。メグは志村ケン。KITは劇団ひとり。違ってたら各自訂正を。
[PR]

by icebahn | 2005-01-30 00:00 | 玉露
2005年 01月 29日
MY BOO む
最近、オールドスクールなギャグが私んなかでアツイ。例えば、『ズコッ』とか『だっふんだぁ』とか『だんじょぶだぁ~』とか『あっ違うか』とか・・・ま、ICE BAHN内や、まわりでは通用するけど、他の友達とかの前でいうと、みんな顔がひきつってる気がする。きっと何、この人ダサーイとか思われてるんだろうな。と思いつつ、またそれがおもしろい!だって、みんなもダイスキだったハズ。その世代を乗り越えて今があるはず。ということで、私はいつまでも当時の気持ちを忘れずに今を生きているのである。メグバ★
[PR]

by icebahn | 2005-01-29 00:00 | ゲスト
2005年 01月 27日
初風邪
早くも2005年初の風邪をひきました。今日は一日中頭がボ~っとしています。寒気がして鳥肌たちまくりです。ほぼ水のような直下型の鼻水が止まりません。非常に不愉快です。
そういえば数年前に強行スケジュールで大阪で年越しを迎えた時は、帰って来たら39度を越える熱が出ました(玉露氏は40度オーバー)。正月中ずっと変な呼吸をしていたあの時の事を思うと多少気が楽になります…フォーク
[PR]

by icebahn | 2005-01-27 00:00 | FORK
2005年 01月 25日
無修正
毎週火曜にシムーンでやっている“SIMOON LIGHT DANCE”という帯のレゲエのイベントの企画で第4週目に“TOKYO JUGGLIN GRAND PRIX”というコンテスト的な催しがあったので行きまして。
10月にマイメンRAWQUALITYが勝ち抜き、その後12月まで各1サウンドずつ計3サウンドが勝ち抜き、今宵ファイナルステージという事で行きまして。

RQはロックしていたものの、結果的に優勝は逃しました。

結果として自分が応援しているトコロが勝てなかったとしても、それはその場での判定であるという事。
何がヤバイかはそれぞれお客さんが感じとれば良いのよね。
RQはやっぱりやばかった。METHOD MANの“Release Yo’ Delf”使いのREMIXがやばかた!光るバックルも。

ボルゾイイイィィィ
[PR]

by icebahn | 2005-01-25 00:00
2005年 01月 24日
ワッサ~
オイッス!ドリフ世代代表キットです。今日は久しぶりに幼なじみのマイメンと杯をかましたんだけど、これはこれでいいもんで久しぶりのフレイバーを堪能してきました。今となっては大好物の麦酒も当時はしかめっ面でのんでいたのを思い出したりと、そりゃま~話つきない感じでした。やはり原点!見失ってはいけない。なぜなら一生青春だからである。色々めんどくせ~なんて思ってる自分にラブ。あの時に戻りて~なんて本気でゼロ。05年を前向きに生きるための貴重な時間でありました。ありがたい。少し酔ってますのでこの辺で。ピースヨー。
ちなみに俺も昆虫最強はカマキリとスズメバチだとおもう。昔カマキリに挟まれて流血したし、スズメバチは酒屋のトラックが落として割れたビール瓶の中身に群がっていたからである。おそろしや~。
[PR]

by icebahn | 2005-01-24 00:00 | KIT
2005年 01月 23日
動物最強シリーズ 昆虫編(蜘蛛を含む)
野郎共、待たせたな。まぁ~前回同様やはり肉食になると思われる。よって素人がまず挙げるカブトムシは無い。象同様負けないが勝てない。肉食昆虫で真っ先に思い浮かぶのがカマキリだろう。へッズならカマキリの戦闘態勢の「あの構え」から繰り出されるカマのやばさは体感済みのはずだ。しかし、さらにコアなヘッズならカマキリを蜘蛛の巣へ投げ入れてあっという間に白い塊にされてったのに衝撃を受けたはずだ。さらに「巣」に頼らなくても家蜘蛛やタランチュラレベルには到底カマでは及ばないだろう。では最強は大型の蜘蛛なのか!?8本足は反則では!?心配は要らない。昆虫の象徴である6本足の最強戦士がいる。思い出して欲しい、カブトムシやクワガタを獲りに行く際何が恐かったか。暗い夜道?足場の悪さ?つい飲みすぎるポカリによる下痢?ゲジゲジ?違うな。そうスズメバチだ!!!カブトムシよりレアなノコギリがいるのにその横には最強戦士が~!!と涙を飲んだヘッズも多いはず。奴は自由に空を舞う羽、そして猛毒の針、さらには強靭な顎、なによりその凶暴性!!ということで大スズメバチ(黄色スズメバチではないので要注意)に決定!!玉露。
[PR]

by icebahn | 2005-01-23 00:00 | 玉露
2005年 01月 22日
2005年CLEAN UP
本日は2005年初のCLEAN UP!!この前のバトルの時には、なんと内緒で応援にかけつけてくれた、チャネルくん・サトゥールくん・ノンキーくんマジで嬉しかったなぁ!そんなあつすぎるメンツで今年もスタート!あのイベントはアーティストとして、最も勉強になる現場。(タクさん、マジで勉強になります。)お酒が最も強くなれる現場。そして、なんといっても最も楽しめる現場。こんな3拍子揃ったCLEAN UPはとにかくおもしろいから、毎月遊びに来てくれる人も、まだ遊びに来たことがない人も毎月第4土曜日は、横浜BRIDGEへ。メグバ★
[PR]

by icebahn | 2005-01-22 00:00 | ゲスト
2005年 01月 20日
日本を背負う
どーも。寝る時はうつ伏せ派のフォークです。
今日、仕事中にあきらかに顔が赤いオッサンが近寄って来ました。場所は桜木町周辺、昼間から片手にワンカップのアレです。色々とよくわからん事を言ってましたが、要は「今の日本を背負っているのはお前だ!」という事を力説してました。
俺は酒が飲めません。カクテル一杯で真っ赤になって気持ち悪くなって吐くでしょう。居酒屋なんて年に数回付き合いで行く程度です。酔っ払うとはどんな感じですか?みずしらずの俺に日本を背負わせる酒の力ってどんなモンなんですか?
理解に苦しみます…
[PR]

by icebahn | 2005-01-20 00:00 | FORK
2005年 01月 19日
見た目で判断すんな。ボケ!!
って、メグバのことです。この前、美容室にいった時のことなんだけど担当の人が『じゃ、シャンプーは彼が行いますので。』ってやってきたのは真っ黒に日焼けした、GUCCIのドックタグをして、髪の毛は金髪?いや白?まさに、ギャル男!?(言い方古いっすか)の19歳くらいの男の子。うわっ、まさに苦手なタイプ、きゃ~ムリムリなんて思ってたら、めちゃめちゃ丁寧な接客で受け答えもしっかりしてて、シャンプーもうまいし完璧な子だった。本当に人は見かけじゃないんだと反省しました。ちなみに、ギャップってのは素晴しい!世の男の子も、遊んでそうな女の子が実は、すんごい料理がうまくて家庭的な子だったらやられちゃうでしょ。メグバも見た目、すんごいチャラチャラしてそうな男の子が実は誠実な人だったらやられちゃうもんね。でも、逆はなしだね。ってカンジでメグバはギャップに弱いっす。  メグバ★
[PR]

by icebahn | 2005-01-19 00:00 | ゲスト