人気ブログランキング |
2013年 12月 24日
ドキドキする事やめられない~113~その2
アルバム9曲目。「HOT SNAP」

これこれこれ!こ~れ!今回のALBUMの目玉曲の一つよ!

奉行が「四つ打ちです」なんて言って来やがるもんだから構えちまっていたらこれもんだぜ!?

やっぱりあいつはこと音、BEAT、となるとたんにデカく見えるから不思議だ。

あれ!?これえーじゃないの??って。

その時のドヤ顔の奴、俺好きなんです。
笑っちゃうほどムカつく顔してます。

で、テーマは例によってあーでもねーこーでもねーもしかしてあんた神様かい?
いやいやいや、とんでもねぇ・・アタシャ神様だよなんつって。

せっかく発売日が真夏のど真ん中なんだからかましたろうと。
サマーチューンとやらを。

ハッキリ切って普段は仲の良い俺達だが夏だけは一緒に遊ばなくなる。特にFORKとは。

だったら面白い曲の内容になるね。と。

夏→サマー→ドナサマー→ホットスタッフ→ホットスナップ

こんなもんですけどなにか質問ある?

2013年度のSUMMER様なさまをこの曲と共に無茶しちまいな!!!!!


ホームイベントの仲間との曲!イベント名が曲名のアルバム10曲目「CLEAN UP」
が本日の紹介曲でございます。

アルバム発売日前に配信限定versionのCLEAN UP DJ MINOYAMA REMIXがあったから
曲名は知ってくれている人がほとんどだと思います。だよな!?

配信限定versionとの大きな違いが2つ。

一つはTRACK。アルバムバージョンは勿論毎度御馴染みBEAT奉行。

もう一つは韻踏合組合より組合長ことSATTUSYが入っている。
という事。

CLEAN UPのメンツは本当に皆温かくてそれでいて熱くて、間違いなく一生の仲間だ。

今年で16年目。何かの間違いなくでイベントがなくなったとしても決してつながりが切れる事は無いとハッキリ分かる。そんな仲間だ。

そのラッパー陣と作った曲だ。

登場順に。まずは万寿。
もうこのBLOGを読んでくれている人ならばほぼ説明不要だと思う。
御存知横須賀馬堀代表。 出会いは奴がマイクを握る前の高校生時代だ。
奴のリリックでも言っているが精巧なニセIDを持ち歩き全国各地に現れていた。
俺たちのファーストのリリパにリハーサルとオープンのどさくさに紛れて数人で潜入に
成功してフロアーで喜んで居た奴の姿は昨日の様に思い出せる。
それからちょいちょい一緒に普段から遊ぶ様になって
一緒に地方も回るようになって…
今では同じステージで同じ立場だ。奴からもうら刺激も少なくない。
決して驕り高ぶる事なく変わらずかつ三浦半島の男を忘れないその心意気にピース。

お次はCHANNEL。チャー君が俺達ICE BAHNをCLEAN UPに誘ってくれた人だ。
チャー君が居なかったら今のICE BAHNはマジで無かった。
本人は毎月、毎月、毎月、毎月、酔い過ぎてグデングデンでとっくのとうに、
んな事は忘れていると思うけど。にしてもチャーのこのバースはしびれたね。
もう一つ上のKEYで来るかと思っていたところに大人な先輩なフローぶちかまされちった。
PARTY野郎の看板に嘘偽り無しだ!

そして今回のサプライズSATUSSY! ご存知韻踏合組合のボス。言わずと知れた組合長。
CLEAN UPのゲストとして丁度横浜に来ていて
ライブ翌日にSOUND HILLS STUDIOに遊びに来た際にかましてくれた。
かましてくれた経緯がまた粋なんだわ! やられたぜ!
なんつってもいきなりぶっ込み さながら拓ときやがった!
神奈川に来た際はサウナに一緒に行くのがひそかなお約束となっていて最高です。

そして、そして、今回のアルバムの問題バース!NONKEY!
俺にはイケてるのか否か判断が出来ません。故にイケています。
実は2本とっていて配信用とアルバム用とで違うバースをRECしてくれた。
しかしながらこっちの方があまりにもパンチが効き過ぎているので両方これでって。
俺の知る限り奴ほど現場で場数を踏んでいる奴はいない。
しかもライブでやらないような現場でもマイクを握りかますその姿勢には尊敬の念すら覚える。
確実にICE BAHNにはない要素を持っている奴でその要素を上手い事RECしてくれました。
またNONKEYとオナチューでもあるBEAT奉行のエディットが泣かせます。

でもって忘れちゃいけねーのがCLEAN UPのボスDJ MINOYAMAのスクラッチ。
膨大な奴のデータからのチョイスでの絶妙なコスリ!
ちゃんと感じれっかよ!?
締切ギリギリスティーロには毎回ひやひやすんぜ!!



アルバム11曲目タイトル曲の「RHYME GUARD」の曲解説でございやす。

タイトルでニヤけてCDのジャケットを見て鼻で笑うのが
正解のリアクションです。

この曲名、アルバムのタイトルにまで上り詰めた経緯は次回のオレンチ通信にとっとくとします。

明らかに他の曲と違うところ分かりますか?


そーなんです!REC方法です。
曲のイントロでもKITが言っていますが

「スタジオライブ」

というヤツです。
通常のREC方法は各ラッパーが一人ずつボーカルブースに入って
順番に各パートとRECしていくのだが
今回は3人いっぺんに「せーの」でRECした。

というのもそもそもこのオケはBEAT奉行がMPCでクオンタズをかけないで
(生ドラマーと考えて下さい)作って来たものだった。

おっと雨が降って来やがったので本日はここまで!

うぃっす!失礼、失礼。昨日は急な雨にやられちまって・・・
今日は花火大会だが雨が・・・まぁまだ俺が横浜に居るからな。
早く葉山にお天道様連れていかねーとな。

で、続きなんだっけ・・?

おーそうそう、だもんで俺達MC陣もその「生感」を大切にしようと。

ICE BAHNは幸か不幸か3MCだ。(意外といそうでいないベ?3MCって。)

ならばその「3MCならでは」をと常々考えている。

その特性が一番生かされるのが俺は「ライブ」だと考えている。

メインでキックしている奴以外の2人のかぶせの声だったり動きだったり。
言葉と言葉間の一言だったりがそれだ。

その感じを、空気感を、どうにか音源に落とし込めないかと。

で、これ。スタジオライブREC。

RECの環境には当然こだわる。だが俺達を含め最近の音楽に携わる人間は頭でっかちだ。
マイクの種類やら特性やらエフェクトのかけかたやらやまびこ強めにやらと・・・。

勿論その重要性は嫌というほど痛感させられてきた。本当に。いや本当に。

だが、だが、それでもなお俺は言いたい、「素材が最重要だろ!?」と。

とにかく納得するまで録り直す。自分が納得するまで。自分が。


どんな一流シェフでも腐ったジャガイモ持ってこられても美味しいポテトサラダは作れないはずだ。
新鮮で手間暇かけてつくったジャガイモがあってはじめてそのシェフの腕が加わり美味しい
肉じゃが、コロッケ、ジャーマンポテトが出来るはずた。

昨今の情報過多の中、素材はさておき感がどうしても俺は気になる。

いうなればラッパーはシェフではなく農家のおっちゃんで有るべきだ。
そしてその農家のおっちゃんの試行錯誤はもっと評価されるべきだ。

おっとっと話がそれちまうな。失礼。

とかいいつつもあのビョ―クの美しい声がSURE58
(ライブ時に使用するスタンダートなマイク。よくリリックで出てくるゴッパチ(58)とはこれのこと。今回の俺達もこれ。)
でRECされていると知っていたので迷いは小さかったですが・・・。てへへ。

とまぁあれやこれやうるさく言いましたがとにかく「生感」をパッケージ出来たと自負しております。

感じで下さいね。


アルバムの曲紹介12曲目「ヒストリア」

KITと逗子のシミズ電気でアイワの980円のマイクを値切ってから16年。
FORKと合流してICE BAHN名乗ってから12年。
決して短くない時間が流れてその中の相当数を共に過ごして来た。
「ICE BAHN」という実像がない物の名の下で。

当然、色々失ったと思う。色々。 こんな俺でもやっぱり考える時がある。
「ICE BAHN」がなかったらどんな人生を歩んでいたのだろうかと。

でも、いつも答えは同じ。いっつも。 恥ずかしいから書けないけど。


何より失った物の丁度10倍いや100倍いや丁度1000倍得た物がある。


これは本当に確実に言える。

わりぃけどそこそこ経験してっぞって。

地元葉山の同級生と未だに一緒に飯を喰う。切っても切れない腐れ縁だ。
本当に心から笑って昔話に花が咲く。

そう・・・昔話に・・・。


帰るとその細い目をひんむいて音を作っているKITがいる。
FORKと奉行がいらつくLOOSE BLUESを奏でて来る。


んで、語る。次はどうするかって、そのためにはこうしなきゃって、だったらこれが必要だろうって、

我ながら目が生き生きとしていると思う。

そう・・・未来の話に・・・。


やっぱりま~だまだ俺、遊び足りねーんだよなーって。実感する。

そんなRAPどえ~~~~す。 

このKITとFORKのバースには自分、胸が熱くなったっす。すげ~なったっす。うす。


アルバムの曲紹介のラストです。「OFF」

サンプリングありきのトラック制作をしている人ならば分かると思うけど決められた
テーマに対して音を作るというのは実はかなりの高等技術だ。

この部分に関してうちの御奉行様の右に出る者はいないと筆者は考えてております。

そしてうちの御奉行様の仕事に思わずニヤリとさせられるその「〆の美学」とでもいいましょうか
各曲のアウトロ部分での仕事の素晴らしい事。

曲を大きくイントロ、バース、サビ、アウトロと部分分けた場合おそらくリスナーにとってトツダンに
アウトロが一番軽視されてしまう部分だと思うのです。

実際筆者もアウトロ部分をスキップして次の曲にいってしまう場合が少なくないですし。


違います。


そこはやはり、流石うちの御奉行様でございます。


違います。


他とは違います。


特に寝言、宵あざみのアウトロを今一度お聞き下さい。

腰抜かすはずです。

寝言の最後なんてトラックメーカーならば白旗挙げざるを得ないと考えます。


話が少々それましたね。

アルバムの全貌がほぼほぼ見えた段階で〆の曲をと御奉行様が名裁きを見せてくれました。

いや本当に素晴らしいです。
身内の賞賛は気持ち悪い物ですが・・・
正直不思議な程イメージど真ん中をブチ込んで来てくれるのです。

音と音の間、谷間を感じてみて下さい。


この「OFF」があるのと無いのではこのALBUMの印象が全く違う物になってしまうと思います。

是非今一度「ON」から「OFF」まで通してお聞き下さい。



え~さてさて、アルバムをまだGETしていないというこまったちゃんのために
用意しました。

KITとFORKのここが凄い。

です。

その前に少々。俺の、あくまでも俺の考える「パンチライン」とは
「韻を含んだライン」です。

理由はHIP HOPだから。HIP HOPのみに宿るラインが「パンチライン」だと俺は考えます。

それを踏まえたうえで以下にパンチラインではなくKITとFORKの俺が好きなというか凄いと感じる
アルバムの中のラインをかなり厳選して記してみます。


まずはFORKから。

・「カウンターも考えずガンガン向かうんだ」

渋い。渋すぎます。この姿勢、精神俺大好きです。
この魂が宿る男にはカウンター喰らったところでびくともしないはずです。



・「現地調達で情報収 集出会いとプロップスが今日の収入」

神奈川以外でライブをこなす男の姿勢と心底楽しんだ末に出て来る言葉だと思います。
そう思わせてくれる地方B-BOYSに感謝せずにはいられません。



・「傷にウイスキー 掛けても腐る現実は理不尽」

映画の見過ぎです。



・「見た女イメージして一通り強姦」

ウソを付けない人種だからこそラッパーなのです。はい。
FORKの甘いマスクの裏に隠された・・・あ、いけない、皆までは申しません。



・「どっと騒ぐよりシュールが良い」

とんねるずよりおぎやはぎが好きな彼です。
奴そのものです。ここを見誤ると痛い目をみます。



・「ここで起きた事は必ず内緒」

マナーはルールよりも優先します。彼はそう申しているのです。
姉ちゃんカモンです。



・「刻む俺なりの絶対音感」

ラッパーには「俺なり」それさえあれば大丈夫だと彼が実証済みです。
逆にそれがなきゃ埋もれてしまうシーキビな世界です。



・「一蓮托生全員道連れ」

3MCで10年以上やって来たクルーって皆さん知っていますか??
当然FORKというMCはソロでも通じるMCだ。
クルーで売りだしてから各ソロを売りだす。その手法を当然否定はしません。
むしろそれが正攻法であり本来あるべき姿だと思います。
だが違います。ICE BAHNは。ICE BAHNは他とはここが違います。ICE BAHNは。
このライン、アルバムで俺が一番好きなラインです。はい。



そしてそしてお次はKIT

・「気がつけばベッドの上のレイトショーこれでエンドロール」

この意味が分かる俺は幸せ者です。
身近な人間ほど腹を割るのは難しいものです。本当に。
でも腹を割った身近な人間がいる事の幸せです。



・「命の銀河は猪木のビンタから生まれる」

もはや意味不明です。
少なくとも俺から言えるのは奴はジャッキーチェン、長渕剛、アントニオ猪木です。



・「馬鹿に はい? って言う」

これ、俺よく見ます。ツボイ、ミノヤマ、KITの後輩じゃなくて本当に良かったです。





・「ガブッ パツンパツン たるんだ分 多分 ガツンッ ギャフン」

説明求む。




・「マダムもパイパン」

これ素晴らしくないですか?
パイパンの前では地位名声、肩書き、経歴、立場等全て無力と化します。



・「脱人間」

朝方7時前の DJ YAN   チャネル君   DJ MINOYAMA   SPIT君 あたりの事でしょうか・・・。




・「俺が喋ればHIP HOP」

ザッツラ~~~~イ!!!



・「決意がまだ切れずにタフ」

二葉荘(参宮橋にある俺が住んでいたおんぼろアパート)からサンヒルズそしてそれは
未来永劫のものであると俺は信じて疑いません。
一見日本語の文法的には良く分かりませんが不思議と俺には良く分かります。



・「この先何の不安も無いみたい俺のIBライフ」

ME TOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!

今回のアルバムはしつこい様ですがDVD付きです。

このBLOGをプリントアウトして ここから買って 読みながら聞いて見て下さい。


んじゃ、ピースでな。いい夢見ろよ!!

シャンシャンシャンシャンシャン・・・・女サンタサ~~ン・・・・

今週のサンクス
メグ   MISTA SHAR(リリースおめでとうございます!)   シーフ   カリメロ
ライムボーヤ    マイルス   ラッパ我リヤ   七夕野郎   TARO SOUL
万寿   シノビーさん   ICE BAHNを応援してくれている皆

by icebahn | 2013-12-24 13:44 | 玉露


<< ドキドキする事やめられない~114~      ドキドキする事やめられない~1... >>