人気ブログランキング | 話題のタグを見る

冬空

星の数ほどある、いる。この表現法はかなりの多数をあらわす。しかし、東京、神奈川で育ったヘッズなら「星ってそんなにね~のにな~」と思っていたはずだ。そんな男も大学に入りイッチョマエに車で色んな温泉地をまわって気付いた。「このことだったのね」と。時には野郎五人で首が痛くなるまで目を奪われた星空もあった。そんな夜空を見ていると飛行機とは明らかに違う飛行物体を発見出来るはずだ。まるで星が移動している様な感じの物だ。あれはマジで宇宙衛星らしい。神奈川ではめったにお目にかかれない流れ星も見れる。とりあえず俺がみた中では伊豆半島の松崎、鳥取がやばかった。唯一分かる冬の星座オリオン座。四角の星の中に斜めに3つの星がある。ところが松崎、鳥取レベルになると3つどころの騒ぎではない。もう数えられないのだ。ぱっと見、オリオン座もわからないほどだ。「汚ねぇ」星がありすぎて出たダチの言葉もすぐに納得出来た。しかし中3のグループデートINディズニーはビッグサンダーマウンテンから見たオリオン座は今でも俺のなかで強い輝きを放っている。そんなことを金曜日逗子の海であお向きになりながら思った。玉露。
by icebahn | 2005-02-13 00:00 | 玉露