人気ブログランキング | 話題のタグを見る

0か100

日本は島国で民族もほぼ日本人でさらに公用語も一つ、日本語。独特の文化、進化を遂げて当然だろう。
それは当然誇るべきものだと俺は思う。しかし、そのためには他を知る必要があると最近思っているのです。

島の中にいると当たり前過ぎて日本人独特の感覚が人間として当たり前の感覚と思ってしまう事がある。

例えば日本人の男が温泉に日本人の女の子を誘ったとしよう。しかし、その女の子は「え~、疲れているから温泉に行くのもだるい、家でゆっくりしたい」と。しかし、男はひかない。意地でも混浴に持ち込むために。ゼッテー疲れがとれるっつって。女の子は聞き分けの無い男に負けて渋々行く事に。
こっからが男女共に日本人と外国人(全てでは無いでしょうが)の違いが出るところらしいのだ。

外国人の場合は一度「OK」と言ったら「OK」なのだ。
つまり男側も「あ~昨日疲れてるっていってたからなぁ」と気を使わないし女側も「混浴でバスタオルマナー違反ね」位の積極的勢いとの事。

日本人の場合は上記様になる可能性は極めて低い。男も気を使うし、女も「疲れてるっていってんでしょ」的オーラを発しかねない。

俺はこの例えを聞いた時に上記の第二段落の様な事強く思ったし日本人の相手を思いやるという誇るべき気持ち(この場合は男)といつまでもズルズルと引きずる自分勝手な恥ずべき気持ち(この場合は女)の両方があると自分と照らし合わせて思った。

まぁ物事の感じ方は人それぞれだし正解なんて当然無い。
しかし、視野を広く持つ事は悪い事では無いだろう。

さ~シーズン到来ですな。風呂行っと。

玉クソッタレ露。
by icebahn | 2006-09-13 00:00 | 玉露