2007年 07月 01日
IBの休日
d0107546_311271.jpg
ガキの頃は俺も親父に連れられて結構やってたんだよ。
そう。釣り。

快晴の先日、KIT、ツボイ、BEAT奉行と俺の4人でいつも寝る時間に集合して神奈川は金沢八景の7時半発の村本海事号で沖へ出発。

まずツボイのそこのオヤジとのマイメンっぷりに先手を喰らった。「結構通わないとああはならないぞ」って。

約15分いったところの沖にある防波堤みたいなやたらと長いコンクリート島が目的地。

上陸。まずシュチュエーションと天気に上がる。
やっぱり朝日は気持ちいい。クラブから出た時に浴びる朝日と同じものだとは思えなかった。
しかも水がすげ~綺麗!しかし、ツボイとキットに言わせると釣りのコンディション的には海水が澄み切っているのは良くないとのこと・・・。

トイレも自販もな~~んもない所。なんかあったらどうしょう・・・なんて思いがとても俺をハッピーな気分にさせました。

さっそく自慢の釣竿(イチキュッパ)をたらす。
なんと奉行がいきなりのヒットで小柄ながらもアイナメをキャッチ。完全に嫉妬。本日のライバルと決めていた奴にいきなりの先制攻撃を喰らい嫉妬に似た敗北感。

そんな時俺の竿がしなった!!
ツボイが一言「べラくせ~ひきだな」

・・・。本当にベラだ・・・。思った。
こいつには、竿のしなり方で魚種が分るこいつには勝てっこね~って。

そんな俺に追い討ちをかける様に目を疑う光景が!
長髪をなびかせ見慣れたアイツが見慣れない物を海へ放り投げているではありませんか!
釣り竿じゃないんです。なんていうか、大昔の凧揚げの糸を巻くやつみたいな物に太目の釣り糸を巻きつけ意味不明な針をつけたものを「ぜって~捕ってやる」と遠投。

聞けばタコが目的とのこと。乙すぎんぜKIT!!

夕方4時までみっちり楽しんで帰って早速調理!!
キットとツボイが釣れたその場でウロコと内臓を処理済みだったがその後の調理方法までは守備範囲ではなく協議の結果「天ぷら」に。

とにかくぶっ込む。キス、カサゴ、アイナメ、タナゴ、コチ。で、KITが釣った大型のキスをツボイ板長が刺身に。


!!!!最高!!!マジうめぇのこれが!!!
特にキスの天ぷらなんて高級料亭みたいな(食った時ねーけど)味でした。

次は大物を狙う。

玉露。
[PR]

by icebahn | 2007-07-01 00:00 | 玉露


<< 6p      模様替えで >>