人気ブログランキング |
2019年 09月 24日
ドキドキする事やめられない~153~

時は令和元年9月。

時の流れってやつに身を任せ、気張って前にも出ず、あえてに後ろにも下がらず。

日本人の気質ってやつがそうさせていたのかは分かりませんが、

聞くな語るなの世界で生きているICE BAHNの一人として「多弁」を良し、とはして来ませんでした。

しかしながら、2017年以降大きく変わった状況を踏まえあえて筆をとることとしたく、

重い腰を上げてみました。宜しくどーぞ。

まず、重い腰がふわりと上がった理由。

ネット販売における代引き手数料込みの送料が現状の800円から1,000円に

2019年10月12日午前0時注文分から変更となりますのでそこんとこヨロシクのお知らせです。

これも時の流れの一環と捉えて下さい。すんません。

詳しいことはよく分かりません。分かろうともしていません。すみま千円。


メンテナンス中も少なくとも今月中には元通りになる予定です。

そして、10月後半あたりに新作グッズやら、キャップやらが新色ラインナップを加えた形で発売予定でございます。

しれ~とライブ等でサンプルで上がって来た物を身に着けております。


え~と・・・。あ~はいはいはい。

なんだチミはの件ね。

まずね・・・ICE BAHNFORK以外はよく知らないなんておませちゃんが

目に余るもんだからね。このまま黙秘権を行使しようかとも考えたのですが、

権利ってやつは放棄してこそスマートなのではないかと感じ入ることがありましたもんで。

次のとおりでございます。


(1)フリースタイルダンジョンとFORKについて

ICE BAHNの名が広がったと実感するきっかけとタイミングは過去に3度あった。2002年のBBPと2006年のUMB

そして3度目の2017年のFSD。そしてこの3度目は過去の2度の物と明らかに「何か」が違っていた。

そしてその「何か」は2年が経過した2019年現在も得体の知れない物としてその存在が強く感じられる。

でも、その「何か」に対して過去2度の経験が我々に揺るぎようのない落ち着きをもたらしてくれていることに最近気が付いた。

番組に対しては誰がなんと言おうとICE BAHNを代表して伝える思いは感謝しかない。

少しでもそのご好意に報いるため、レスキュー任務を遂行するのみである。


そして、そして、その立役者FORKについて家長として触れておきます。

良くも悪くも彼氏は演じることを嫌がるし、何よりそもそも出来ない。

その気質が番組に対し良い効果をもたらしていると第三者として感じている。

そして、当然FORKも番組から吸収すべきことは少なくないらしく、そのことをICE BAHNに持ち帰り実戦してくれている。

それがプラスに作用するかマイナスに作用するかはすぐには分からないが、プラスに作用するに決まっているがICE BAHNの相場だ。

そう決めちゃえばこっちのもんです。

とにかく、俺があえて言いたいのは即興で韻を踏むスキルでFORKに勝てる奴はいない。絶対に。

断言できる。だって俺それいつも真近で知ってから。ありえね~から。っぱないから。超~心強え~から。

ただバトル後に求められるコメントに対してはKITからいつも「なんだあれは。あんなんじゃダメだ。ICE BAHNなめてんじゃねぇ」

と怒られています。また、その横で奉行もうなずいています。

そうなんです、そろそろ気付き始めている方もいると思います。ICE BAHNFORKじゃなくてKITその人であること。

次のとおりでございます。


(2)KITについて

HAVE ABREAK BEATS HAVE A KIT CUTを君は知っているか。


一色紗英とタメ年であるICE BAHN SOUNDの土台を一手に担う職人さんその人だ。

IB法、越冬、JACK 範馬等過去の音源ながら未だにライブでやる曲は氏が作ったもであるというその事実。


半分を半分個25%がICE BAHNの各自の取り分だ。


そこには自由も理由もない。曲を本気で制作し、その作品を店頭に並べ、現金化出来るまでの工程とその苦労を知っているB-BOYは、

実は少ないと俺は考えている。当然ながら俺は知っている。HIP HOP裁判であったが故の判決25%による結審。

これが世間様の最高裁にて裁かれた場合の取り分は恐らくKIT80%、FORK15%、玉露4%、奉行1%が裁判長から言い渡され、

奉行が不服を申し立てるも却下され結審ってのが妥当な線だ。

主文。俺とFORKは酒が弱い。弱いというか2人共ほぼ飲めない。

これははっきり申し上げて現場至上主義のB-BOYにとっては残念ながら致命的だ。このご時世異論、反論はあろうが現実だ。

ところが、どうだICE BAHNの現場での評価は。そりゃ~みゃ~さん低いとは言わせない。

不安を感じない、俗にいう負ける気がしねぇ状態ってやつになります。


バトル前のFORK、クラブ内でのKITがコレに該当します。


はてさて話はぶっ飛びますが、物質はその構成要素が100%でなければ存在し得ないそうです。

0%も99%も存在という意味においては同じ。ご存じ、ICE BAHNの1%を担う男ことBEAT奉行については次のとおりです。


(3)BEAT奉行について

  ① 好きなものを一品たくさん食べるスタイル。

  ② 105%遅刻スタイル。

  ③ IR横浜誘致大賛成派物本ギャンブル依存症肯定派スティーロ。

④ 記録しないスタイル。

  ⑤ で、忘れるスタイル。

  ⑥ で、何か問題でもスタイル。

  ⑦ え、そうでしたかスタイル。

  ⑧ MPCブラインドタッチ神業スティーロ。

  ⑨ え!?そこ抜いたの気付かなかったこいつそこだけは出来るなスティーロ。


んじゃ、ピースでな。いい夢見ろよ!!



# by icebahn | 2019-09-24 08:53
2019年 01月 04日
ドキドキする事やめられない~152~

平成31年。皇紀2679年。西暦2019年。

新年明けましておめでとうございます。


個人的な恒例となっておりますが、今年も年越しは長野県は諏訪市におりました。

12月31日に神奈川県を後にし、年越しは諏訪です。

最高です。時々来る良さ、白の蛍光灯が合う場所、ってのがあるのですね。

まだまだこれから新たな発見が俺の人生待ち受けている予感がします。テヘヘ。


本日は1月2日の朝7時。訳あって早起きです。

色々ありますからね。


諏訪市某所のこの町には地域の人のみが入れる共同浴場がある。

しかも、拠点から徒歩70mといったところに。

早速、朝6時からかまそうと玄関を開けると白銀の世界!

玄関明けたら景色が一転していたってのも初体験でした。

ドキドキすることしちゃいますね~。っひゃ!

しんしんと降り積もる雪って表現がぴったしの朝でした。

だって「しんしん」と俺、聞こえたもん。


今年もICE BAHN、さらなる飛躍をお約束します。

信頼と実績のレスキュー部隊。

神奈川県のRHYME SAVERがあなたの街へ出動し

活動しますので是非にともご参加を。

戦争陣取り、仕事は段取り、女は先取りです。


そうだそうだ!

我々ICE BAHNLINEのスタンプがついに発売されました。

こちら↓から見てみて下さい。

https://line.me/S/sticker/6045088


制作者は千光士道士(センコウシドウシ)。

関西に拠点を置く画家であり、

知る人ぞ知るIBリーガーだ。

どうやらTwitterを始めた様なのでこちら↓を。

https://twitter.com/doushisenkoushi


今回は氏の手書き感を前面に押し出し、他との差別化を図ってもらった。

また、構図、文言、LINEへの申請等、全て氏がグリップを握って

くれて本当にやりやすかった。はっきり言って我々は「依頼」のみ。

あとは千光士道士が全~部やってくれた。

出来ないのか・・・やらないのか・・・

ここがイケてるのかイケてないのかの分岐点だと学ばせてもらいました。

あざっした!!!


あと、あと、スタジャンね。例のスタジャンね。

本当にありがとうございます。

嬉しい悲鳴ってのを上げられるなんて人生そうあるもんじゃないよね。


ギャァァァァァァァァアアアァァアア


FORKSPIT君の言う通りにして正解でした。

黒ボディに黒の刺繍って。

刺繍ってコストが高いのよ。それをボディと同色にってって。

うんこ喰ったうんこと同じで、そのこだわりって如何でしょうかと。

せっかくのこだわりがもったいなくはないですかと。


ただ家長としての俺が、玉露としての俺を言い聞かせてもいた。


「こういう時はFORKだ」と。


なるほどなるほど。世間様も思った以上にツウでナウなのですね。

相場って奴は本当に分かりませんね・・・。


ってことで、今月中旬までには再販予定ですのでしばしお待ちを。

時期はずれそうですがキャップも再販します。

当然、黒×黒も! ッチ。



んじゃ、ピースでな。いい初夢見ろよ!

今年もどーぞよろしくどーぞ。



# by icebahn | 2019-01-04 07:50 | 玉露
2018年 12月 31日
ドキドキする事やめられない~151~

2018年が間もなく終わりを告げます。


幸か不幸か二度とかえって来ません。

出来なかったのか?それともやらなかったのか?どっちだ?


もう一度、手のひらを太陽にすかしてみます。


今年は公私共に大きく動いた1年でした。

なんと言ってもICEBAHNとしてアルバムを、

5枚目のアルバムを出せたこと。

これは何事にも勝る喜びでした。

くだらないこだわりを持った男達の四人編成。

本当に本当にくだらないこだわりなのです。

世間様からしたら「で?」というレベルのものです。


だが、それがいい。


ラッパーにとってリリックが全てです。ココありきです。

その次。

「何を言うか」ではなく「誰が何を言うか」です。ココ味噌です。

ココにHIP HOPが埋まっていると筆者は考えます。

そしてなんと、さらに最近FORKKITを見ていて、

この上があることに気がつきました。

「誰が何をどう言うか」です。ココ酢味噌です。とてもすっぱいです。


この三位の酸味。この微妙な、さじ加減ひとつで、

似て非なるもの、月とすっぽん、天と地、

サウナとミストサウナです。


では、前記を踏まえた上、2018年を2018年の象徴LEGACYから

FORKKITのパンチラインで締めくくろかしらね。


(1)LEGACYから

FORK

「本物で強運かどうか」

出た。彼氏が彼氏たる所以です。

チンギスハーンだってFORKから勝利は奪えないです。


KIT

「聞いてくれ俺のDNAの叫び」

来た。どこから説明していいのか筆者は戸惑っている。

説明不要かね!?


(2)LOYALTYから

FORK

「ニューバース産み出すヒッヒッフー」

もうやだ。

2.5枚目の美学を熟知する氏のセンスが光るラインです。


KIT

「バタフライみたくパワフルに荒ぶるぜ」

文字にするとこんなダサいライン他にありますかね?

Thisis the KIT節です。


(3)戦場のリアリストⅡ

FORK

「狙う竹槍スティーロ」

B29を的確に串刺しにする彼氏に敬礼!!ビッ!!


KIT

「この領空なら絶対負けない IB不死身」

俺ここ好き~


(4)ChottoHipHop

FORK

「全て受け止めろ」

清濁あわせ飲み干し交わしたIBの盃です。

年の瀬に身が引き締まります。


・ツボイ

「人に何合わせるかよりテメーが何はだけるかだろ!!」

当該人の説明は以上となります。


(5)THE ANSWER

KIT

「今があの日のタイムマシーン 乗った行く先どうだ?

ふふふ。泣けます。


FORK

「引いたら最後戦線布告」

うふふ。笑えます。


(6)負ける気がしねぇ

FORK

「ただの思い付きを降りてきたと美化して聞かす」

渋い。渋すぎる。そこの君、だから氏はイケテイルのですよ。


KIT

「年は2000 IB元年」

はじめて知りました。本当に、本当に、勉強になるな~。



はてさて、残すところ2018年は数時間。

姓はICE BAHN、一家の家長として、一家を代表して申し上げます。


2019年も宜しくど~ぞぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉお!!


んじゃ、ピースでな。



# by icebahn | 2018-12-31 08:37 | 玉露